ゲップ 出す方法 大人

大人でも習得できる「ゲップ」を出す方法/溜まったガスを排出せよ

スポンサーリンク

子供の頃にゲップの出す大きさを競っているこがいたり、大人でも面白がってするときもあります。
しかし遊びではなく、ゲップが止まらない時などもあります。
どういう時に出るのか、出す方法はどんな方法があるのか見てみましょう。

 

 

【どういう時に出るか】
食事や飲み物を摂取する際は、食べ物や飲み物と一緒に空気が胃に入り、溜まります。
また、空気の他にも、消化をする際、胃にはガスが溜まります。
また、体の動きの全てが未熟な赤ちゃんは、ミルクを飲む際、どうしても大人より余分に空気を胃に取り込んでしまいやすくなることやゲップを出す方法をまだつかめていません。
このため、ミルクを飲んだあとは背中を優しく叩いてゲップを出やすくしてあげる必要があります。
そして、大人の場合でも出したくて出ない場合があるため、そんな時は出す方法を試してみてください。

 

 

スポンサーリンク

【出す方法を覚えておこう】
中に溜まった空気を出すための胃の働きによりゲップは発生します。
ゲップをするのがまだ上手にできない赤ちゃんや、大人でもたまたまゲップがうまく出ずに胸が苦しいといった際は体の中に溜まった空気やガスを外に出してあげる必要があります。

 

 

しかし、中には、自由自在に空気を出せる方もいます。
これは、身体の仕組みをうまく利用して出す方法を心得ているからです。

 

 

胃の中にある空気を外に逃がしやすくなるには、喉の弁を開くということがあります。
息を吸いこみながら言葉を発してみましょう。
そうすると喉に働きかけて中の空気やガスが胃から口まであがり、外に排出されやすくなります。
さらに、効果を上げるためには胃に圧をかけることが望ましいため、炭酸飲料を飲んでから行うと良いでしょう。

 

 

また、ストレスが溜まると体の機能は低下してしまいます。
ストレスによって体内にあるガスや空気を体外へ排出しにくくなっている場合もあるためツボを押すことで出しやすくすることも可能です。
ツボは、全身の神経とつながっているとされているため、ツボを押すことで、気になる箇所へうまく働きかけることができるのです。
鎖骨と胸骨の境目上にある気舎というツボと、みぞおち周辺にある、巨闕(こけつ)というツボはストレスへの効果があるため押すことで体をやわらげうまく出すことができなかった体内の空気も外に出すことができます。

 

 

このような出す方法なら、大人でも挑戦しやすいはずです。
大人がゲェゲェしているのはあまり気持ちのいいことではないので、マナー違反にならない範囲でチャレンジしてみましょう。

 

【まとめ】
ゲップを出す方法は、うまく排出できない胃の中の空気・ガスを外に排出するための手助けするためのものです。
大人の場合、ストレスで胃の働きが低下してスムーズに機能できないといった場合もあるため、ストレスを和らげるツボ押しや胃の圧を高めるための工夫で排出するサポートができます。

スポンサーリンク