げっぷ アルコール 飲酒 関係

げっぷとアルコール(飲酒)摂取の関係/お酒が与える悪影響とは?

スポンサーリンク

アルコールをよく飲むようになって、げっぷがよく出るようになったという話しを聞きます。
なにか因果関係があるのでしょうか。
体内でどういうことが起こっているのか、飲酒・アルコール摂取とげっぷの関係性とはどんなものか見ていきましょう。

 

 

【仕組みについて】
げっぷが起こるのは、主に食後に多く見られます。
これは、食べたものを胃や腸で消化する際、ガスがでることが関係しています。
そのガスを体外へ押し出そうとする動きがあるためです。
飲酒との関係としては、アルコールの働きによって、胃の中に空気を送り込む機能が低下してしまうことがあげられます。
また、飲酒することによって食事や会話が増えるのでそれに伴って空気をたくさん飲み込んでしまうこともあげられます。

 

 

【げっぷを出す方法がある】
ミルクを飲んだあと、赤ちゃんが苦しそうにしていたら、胃の中に空気が溜まっていることが考えられます。
これを出す方法として、トントンと背中を叩いてあげるというものがあります。
背中を叩くことで胃の中にある空気が外へ押し出されます。
大人の場合でも、胸が苦しいことと胃の空気の関係性は同じです。
体内に空気が溜まって苦しくなっているため、空気を外に出してあげましょう。

 

 

スポンサーリンク

【体内の空気を出す方法】
胃に空気が溜まってしまうと、お腹が張って苦しくなってしまうことや胸がつかえているような感覚になってしまうことがあります。
げっぷと胃の中の空気の関係性がわかっていれば、体になにが起こっているか理解できるため、対処することができます。

 

 

ますは、息を吸いながら喋る方法が有効です。
試しに「あいうえお」と言ってみましょう。
喉の弁が開いて、空気がでやすくなります。
それでも胸のつまる感じや違和感がなくならない場合は、食後や、炭酸飲料を飲んで胃の圧を上げると空気が外に出やすくなります。

 

 

大人の場合、マナーを気にしてげっぷを我慢する場面も多くありますが、我慢することで胃や胸が張って苦しくなってしまったら対処方法を使って胸のつかえの原因になっている体内の空気を外に出してみましょう。

 

 

飲酒やアルコールは胃の不調をもたらしたり、また胃が不調のときには胃の中にガスを溜め込むことになってしまいます。
アルコールや生理的な作用によって、ガスがでる回数が増えることもあります。
飲酒の量や回数を減らして胃腸の負担を減らす様に心がけましょう。

 

 

【まとめ】
胃の痛みや胸の苦しさの原因であるげっぷを出す方法は覚えておくことで、苦しさを解消してすっきりすることができます。
また、飲酒、アルコールの摂取はげっぷと関係しています。
胃に負担をかけてしまい、げっぷが起こる原因を増やしてしまうことにも繋がります。
飲酒、アルコールの摂取は控えると良いでしょう。

スポンサーリンク