ゲップ 頭痛 吐き気 原因 対処

頭痛や吐き気がするときとゲップの原因/これって病気?対処方法は?

スポンサーリンク

頭痛や吐き気がする原因には様々なものがあります。
これらの症状に合わせてゲップがたくさん出てくるようになっていたら病気の可能性があります。
ここではその中でもゲップと関連のある病気について見ていきましょう。

 

 

【胃酸過多症って?】
ゲップと共に吐き気や胃痛などの症状があると胃酸過多症という病気の可能性があります。

 

胃酸過多症とは、読んで字の如く胃酸がたくさんでてしまう病気です。
食べ物が胃の中にないときでも胃酸が出てしまうのがこの病気です。
その原因は、香辛料、カフェイン、アルコールの過度な摂取、ストレス、ガストリンの過剰分泌などが挙げられます。

 

 

【呑気症って?】
胃や腸の調子がよくなく、頭痛がしてゲップがよくでるとき、呑気症という病気の可能性があります。
呑気症とはお腹の満腹感が多いという症状で、その原因はストレスとされています。
病院にいこうにも何科にいけばよいか迷いそうですが、まずは内科や消化器科を受診し消化器官に異常がないかを見てもらいましょう。
頭痛や吐き気が出てきたら危険信号です。

 

スポンサーリンク

【空気嚥下症 って?】
空気嚥下症とは、簡単に言うと空気を大量に飲んでしまっている状態のことです。
こちらの場合は頭痛や吐き気は催さないですが、ゲップが出たり、お腹が張ってしまったり、おならが出てしまったりします。
この病気の原因は、精神的に不安定だったり、早食い、鼻で呼吸できていないときなどにあります。
これらの原因を解消する方法としては、食生活の改善やストレスの緩和、薬物による療法などになります。

 

 

頭痛や吐き気を感じてきたら、体が不調を訴えている信号です。
早めに医療機関にかけこみましょう。

 

 

【まとめ】
ゲップがよく出るようになり、頭痛や吐き気を感じているようであれば、呑気症、胃酸過多症、空気嚥下症という病気の可能性があります。
原因は様々ですが、ゲップだけならまだしも、頭痛や吐き気ももよおすようになれば危険信号。
ストレスなどが原因だと、完治にも時間がかかりこともあります。
早めに医療機関を受診しましょう。

スポンサーリンク