げっぷ おなら 多い 原因

げっぷやおならが多い時の原因/意外な共通点と対処方法

スポンサーリンク

げっぷとおならが多いときとは体がどういう状態になっているときなのでしょう。
体から空気を出すという意味では同じようなものに感じますが、実は病気の可能性もあるのです。
その原因やこれらが多いときにどうすれば良いかなどを見ていきましょう。

 

 

【げっぷとおならの共通点】
両者の共通点は、原因としてお腹の中に空気が溜まっていてそれを体外へ出すことだということです。
通常通り空気の出入りがなされていれば問題ないのですが、体内の空気や消化によって生じたガスがげっぷやおならの形で排出されないと、頭痛や吐き気、胃痛などをもよおす原因にもなります。
また、げっぷやおならが出る回数が多いと、その原因としてなにかの病気にかかっている可能性すらあります。

 

スポンサーリンク

【げっぷやおならが出てしまう病気】
空気嚥下症という病気で、症状としてはげっぷ、おならが普段より多い回数出てしまうことの他に、お腹が張ったり不快感を感じたりします。
簡単に言うとこの病気は空気を大量に飲んでしまっている状態で、乳児などの場合はげっぷやおならを通してお腹の中の空気をだしてあげることが大事になってきます。
胃や腸内の空気の量が多いと、或いは体そのものが不調にあると、原因は精神的なものであることもあります。

 

 

日本で8人に1人が患っている思っているより発症例の多い病気なので、身近なところにも患者がいるかもしれません。
れっきとした病気なので、単に普段よりもげっぷやおならがでているだけだとは思わず、体の不調を疑ってみても良いかもしれません。

 

 

【まとめ】
げっぷとおならは体に溜まっている空気を外に出すという意味で似ています。
それでいて、体内に空気をためこむと頭痛や吐き気、胃痛などの症状がでることもあります。
そしてその根本の原因にはストレスなど精神的なことがきっかけとなっているのが多いようです。
病気の可能性もあります。
心当たりがあるときは、不調の原因を明らかにするためにも、早めに通院するようにしましょう。

スポンサーリンク