食後 ゲップ 出そうで出ない 対処

食後にゲップが出そうで出ないときの対処方法/ガスを排出するために

スポンサーリンク

食後などに起こりやすいゲップ。
人前で出すのはマナー違反ですが、ゲップが出そうで出ない時ってありますよね。
うまく出ないと胸がつかえているような感じがして苦しいものでもあります。
ゲップの仕組みと対処方について紹介いたします。

 

 

【ゲップはガスが溜まっているから出る】
食後など食べ物や飲み物を口から入れたときに、実は空気も一緒に胃の中に入ります。
また、消化の際は体内でガスが発生するため、これを外に出すためにゲップは出るのです。
食後に空気やガスをうまく外に出すためには胃の働きが重要です。
もし胸がつかえる、苦しいといった感覚になってしまったらゲップをしやすくなる対処方法を知っておくことで張りや違和感を取り、楽にさせてあげることができます。
また、赤ちゃんの場合は、自分でゲップがうまくできないため、ガスが発生しやすい食後は、背中を手のひらで優しく叩いてあげると、溜まったガスや空気を外に出すことができます。
赤ちゃんだけに限らず、食後の大人でもゲップをうまく出せないことがあります。
胸が苦しくなったら対処方法を試してみましょう。

 

 

スポンサーリンク

【出そうで出ないゲップを出す対処方法】
子どもだけではなく、大人の場合でも、胃が空気で膨張してしまうと不調の原因になってしまいます。
特に食後は空気やガスが発生しやすくなります。
出そうで出ない空気のつかえを解消するために、自分でコントロールできる方もいますが、それにはコツがいるため、出そうで出ないもどかしさを解消するための誰でっもできる対処方法をご紹介します。

 

 

まずは、喉を息を吸いながらしゃべることで出そうで出ない体内の空気がでやすくなります。
また、胃腸の働きを回復させることで、出そうで出ないもどかしさを解消することも可能です。
自律神経の調子を整えることで胃腸の働きに影響を与えるため、自律神経を整えるツボを押してみるのも効果的です。

 

 

【まとめ】
食後などに胸がつかえているような感覚の場合は、体内に溜まったガスや食事と一緒に取り込んでしまった空気が外に出ることで胸の圧迫感や違和感がなくなり楽になることができます。
出そうで出ないもどかしさの対処をしたい場合、対処方法を活用しましょう。

スポンサーリンク