ゲップ 出ない 苦しい 対処

ゲップが出ないなどの症状があり苦しいときの対処方法

スポンサーリンク

ゲップをすると体の中の空気が一度に抜けるような感覚となりスッキリしますよね。
しかし、つかえているような感じでゲップがなかなか出てこないといった時もありませんか?ゲップがうまくできないと苦しいものです。
ゲップが上手に出ない場合、どのように対処すればいいものでしょうか。

 

 

【こういう時にゲップが出る】
食べ物や飲み物を口から入れるときに一緒に入った空気が胃にたまります。
その空気や消化によってでてきたガスを吐き出すときにゲップは出るのです。
そのため、ゲップが出ないということは、この空気やガスがつっかえて出ないことが原因です。

 

このつっかえが原因で、胸が苦しいといった症状がでてきます。
体の動きが発達途中の赤ちゃんの場合、食事と一緒に空気を飲み込みやすいといったことがあるため、食後は空気を外に出すために親が対処をする必要があります。

 

 

スポンサーリンク

【胃の中の空気を出す対処方法】
胃の中で空気が溜まったまま外に出ないと、圧迫されて苦しい状態が続きます。
通常、胃は、溜まった空気を体外へ放出しようと内圧をかけるように働きます。

 

この働きがうまくいかない場合は、空気が外に出ない状態となり苦しいと感じてしまいます。
こんな時は外部から対処を試みることで空気を外に逃がしましょう。

 

胃周辺をさすることや背中や胸、食堂を優しくたたくことで空気が胃の外へ出やすくなります。
また、意図的に喉を開くことでも効果があります。
あごを少し上にあげる形で首を伸ばすことで上にあがろうとする空気を外に出すことができます。

 

空気がこみあげてきている感じはあるのにうまく外に出ない場合はこのような対処をすることで口から空気を出すことができます。
胸に違和感を感じて苦しい場合は叩く、喉を開くことを意識しましょう。

 

 

【まとめ】
体内にある余分な空気、またはガスを外に出すのは自然な行為です。
スムーズに外に出ず苦しい場合は対処方法を知って上手に体の外に出してあげるようにしましょう。
また、胃に溜まったガスが口から出にくい場合でもすぐに病気と決め付けられるものではありませんが、もし対処方法を試してみても上手に出ない場合は苦しい状態が続いてしまったりガスが蓄積されたままで体の不調に繋がることもあるため、体の働きをサポートする市販の薬を使ってみても良いでしょう。

スポンサーリンク