げっぷ 胸が痛い 原因 治療 方法

げっぷをすると「胸が痛い」原因/治療方法はどうすれば良いの?

スポンサーリンク

げっぷをすると胸が痛くなることや、胸やけや胸の違和感がとれないというときがありませんか?実はこのような症状が見られるときに、病気にかかっている可能性があります。
げっぷの回数が増えてきたら、少し気にしたほうが良いかもしれません。
どんな風に対処していけば良い病気なのでしょうか。
また、この病気になる原因はなんなのでしょうか。

 

 

【胸が痛い、胸やけがあると危険なサイン】
げっぷが普段より多くでるほか、胸やけ、胸がつかえる・痛い、呑酸(胃酸がこみあげてくるような不快感)などのような症状が見られてきたら非びらん性胃食道逆流症の可能性があります。
内視鏡検査検査で胃酸の逆流により食道炎を起こしていたりすることを、胃食道逆流症といいます。
げっぷをしたときに戻しそうになったりして、食道が痛い感じがするのは胃酸が逆流しているからです。

 

 

【非びらん性胃食道逆流症の原因】
げっぷがよく出るようになってきてむねが痛いようになってきて、胃液がこみあげてくるような症状がでてくると、胃液が逆流しないように食道と胃の間にある弁の役割が弱まっています。
これがこの病気の原因です。

 

スポンサーリンク

【非びらん性胃食道逆流症の治療方法】
薬で治すこともできますが、食生活や生活習慣を改善することが治療法としてあげられます。
原因としては胃酸が増えていることと、胃酸が逆流していることが原因なので、カフェインなどの刺激物の摂取を控えることや、前かがみの姿勢を避けることが大事です。
なるべく腰を伸ばしましょう。
また、ベルトやコツセットなどで痛いと感じている胸やお腹など胴体を強く締め付けないことが病気の原因解決するのに重要です。

 

 

【まとめ】
げっぷがよく出るようになり、胸が痛い、むねやけがするお腹が痛いといった症状がでてきたら、非びらん性胃食道逆流症に該当します。
この病気は、げっぷが出て胃の中の空気やガスを出そうとしたり、体の中で胃液が逆流しようとしたりすることによっておこる病気です。
その原因は胃酸が普段より増えていることによりますが、胃酸の分泌を抑える薬を飲むほか、食生活の改善や生活習慣の改善によって対処していきましょう。

スポンサーリンク