ゲップ 食後 原因

ゲップが食後に出る原因/本当に異常はないのか?

スポンサーリンク

ゲップってどういうときに出るのでしょうか。
意図してなくても普段より多くでてしまう病気もあります。
その原因は何なのでしょうか。
食後に何気にでてしまうゲップが健康的なのかそうでないのか見極めるためにも、知っておいたほうが良いことがありそうです。

 

 

【ゲップがでる原因とは?】
ゲップは食後に多く見られることがあり、通常の生理現象です。
食後に残った胃の中の余分な空気やガスを口から出している状態となります。
腸や胃の中にガスや余分な空気があるままだと、違和感や張りを感じ体の調子を悪くする原因となってしまうため、空気が出ていくことは良いことです。
しかし、特になにも感じていない時に無理やり空気を出す必要がありません。
空気がこみあげてくる感じがあれば体が外に出したがっている状態のため、その際は空気を外に出してあげましょう。

 

スポンサーリンク

【食後なら当たり前】
食後にゲップがでてしまう原因は、食事をしている最中は口を使うことが多いため、鼻から入るはずの空気が食事と一緒に口から入り胃の中に溜まってしまいやすくなることが挙げられます。
また、胃や腸が消化を行う際に体内で発生したガスを体外へ押し出そうとする動きが原因となります。
このような動きは、身体の健康を維持するためのものであり正常ですが、あまりにも頻繁にゲップがでてしまう場合は、身体に不調があることも考えられます。

 

通常、空気が順調にでればお腹が痛むことはありませんが、空気が頻繁にでているにも関わらず胃痛が続く場合は、病気が原因となっている場合もあります。
また、ゲップや胃痛の他にも、吐き気や口臭が気になる場合は、胃の不調が考えられます。

 

 

【まとめ】
食後は空気やガスが溜まることが一般的なため、ゲップがでるのは何の問題もありません。
マナーとして我慢をした場合や、出したくてもうまく出せない際は、胃痛や胸に違和感を覚えることもあります。
この場合は、胸を軽く叩いてみることや胃の周りをさすることで対外にでていくようにしましょう。
しかし、ゲップが出ているにも関わらず胃痛や胸のモヤモヤが改善されない場合や、食後でもないのに回数が多い場合は、病気が原因となっている可能性も考えてみた方が良いでしょう。

スポンサーリンク