ゲップ 出ない 原因 出す 方法

ゲップが出ないときの原因は?/出す方法について解説

スポンサーリンク

食べ物や飲み物を口から入れると、そのときに一緒に入った空気が胃にたまります。
その空気、もしくは消化によってでてきたガスなどを吐き出すときにゲップは出るのです。
つまり、ゲップが出ないということは、体内の空気やガスがつっかえて出ないことが原因です。
このつっかえが原因で、胃痛や胸やけといった症状がでてきます。
ですのでゲップをすればこの原因に対処することができます。

 

 

【ゲップが出ない原因】
身体の中に溜まった不要なガス、または空気が外に出ないことが原因で、お腹が張ってしまう、胸のあたりが圧迫されて苦しい、何かがつかえている感じがするといったことがおきます。
ゲップは、胃が圧をかけて食道を通り、口から空気やガス出すという生理現象であり、空気がでていくことで胸のあたりがスッキリして、圧迫や違和感といった状態がなくなります。

 

 

空気が上にあがってくる感じがしたけれど外に出ない場合、体に溜まった空気、そしてガスは、おならに変わり、体外から出ていくため心配する必要はありません。
しかし、空気が上がってきている気がするけれどうまく出すことができないといった場合、溜まってしまった空気、ガスが原因となって違和感が続いてしまうことになるため、ゲップを出すための工夫をしてみましょう。

 

スポンサーリンク

【胸のつかえの原因を解消する胃の中の空気を出す方法】
ゲップが出ないことが原因となって、喉や胃腸、胸のあたりがつまっている感覚や張りを感じて苦しい苦しいといった感覚になる場合があります。
その場合、体に残ってしまっているガスをきちんと出すことで、つまりや張りといった感覚が解消されるようになります。
外に出すことは胃の働きによって行われるため、ゲップがうまくでないときは背中の中の、胃が位置するあたりや、胸をトントンと軽くたたくことでガスが上に上がっていきやすくなります。

 

 

【まとめ】
食事の後は消化が行われるため、胃や腸の中でガスがうまれやすくなります。
このガスは、胃が働きかけることで、胃から上に上がっていくようになりますが、上手く口から出ないようであればお腹が張っている状態になったり、胸に圧迫を感じるため、背中や胸を優しくたたくといったことで口から出ていくように誘発することができます。

スポンサーリンク