食後 ゲップ 酸っぱい 原因

食後のゲップが酸っぱい原因/病気やストレスの可能性も?

スポンサーリンク

食後のゲップは日常でよく起こる生理現象であり、通常は臭いがありません。
しかし、酸っぱい臭いを伴う場合があります。
これは、どのようなことが原因で起こるのでしょうか。

 

ここでは、原因と疑われる病気について説明します。

 

 

【食後のゲップが起こる原因】
食後のゲップは、飲食の際に一緒に飲み込んだ空気が逆流して出てくるもので、通常は臭いがありません。
食べ過ぎや消化不良などで、食べ物の消化や吸収、または十二指腸へと移動する工程が滞ってしまうと胃の内圧が高まります。
その際、胃の中に入った食べ物が逆流するのを予防するために筋肉が緩み、空気が食道より漏れ出ることで引き起こされます。

 

早食いで多くの空気を飲み込むと起こりやすくなります。
炭酸飲料やビールなどを飲んだ後や、便秘などで腸内ガスが発生することによっても出やすくなります。
また、胃腸の機能低下などでぜん動運動がおこなわれにくくなると、空気やガスが移動せずにゲップが出てくることがあります。

 

 

【ストレスが原因となることも】
ストレスや緊張により、無意識に空気を飲み込むことが原因となっていることもあり、呑気症や空気嚥下症と呼びます。
仕事や人間関係などで緊張したり、不安になったりしたときに唾液を飲み込んだりしますが、そのときに空気を呑みこんでいます。
その量が多くなると胃や腸に空気がたまって症状が出やすくなります。

 

スポンサーリンク

【食後の酸っぱいゲップで疑われる病気】
食後のゲップが酸っぱい感じがする場合、逆流性食道炎が疑われます。
逆流性食道炎はストレスや暴飲暴食などが原因で、食道にある胃酸の逆流を防ぐ調整弁の機能が損なわれ、食道へ胃酸が逆流して起こります。

 

食後の酸っぱいゲップの他に、胸焼けや吐き気、膨満感といった症状がある場合には、胃潰瘍や十二指腸潰瘍が疑われます。
これらは、ピロリ菌や非ステロイド性抗炎症薬、胃酸過多などが原因で粘膜が傷つけられる病気で、進行すれば吐血や下血を伴ってしまいます。

 

 

【胃がんが原因となることも】
胃がんは胃の粘膜が侵される悪性腫瘍で、死亡率が高いがんです。
胃がんができると、胃と腸を繋ぐ経路が狭くなって胃の内圧が上がり、酸っぱい感じの口臭を伴うゲップが出やすくなります。
また、胃痛や胸焼け、吐き気や嘔吐、食欲不振に伴う体重減少などの異常がみられます。

 

 

【まとめ】
食後のゲップが酸っぱい原因について説明しましたが、いかがだったでしょうか。
酸っぱい臭いは病気のサインでもあり、胃がんである場合も考えられます。
気になる症状がある場合は早めに病院を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク