ゲップ 止まらない 病気

ゲップが止まらないのは病気?/胃炎や胃潰瘍?他には?

スポンサーリンク

仕事中や学校などで、急にゲップが出そうになり、止めようとした経験は誰にでもあるでしょう。
大抵はすぐに治まるため、気にしない人が多いですが、なかなか止まらない人もいるようです。
それは病気と何か関連性があるのでしょうか。

 

 

【胃の働きやストレスと関係がある】
胃は、食べたものを胃液で消化・分解する臓器です。
人は口からでも呼吸をしているので、食べ物を摂取すると、それと一緒に空気が取り込まれます。
この空気は体内で吸収されていきますが、上手く吸収されず、余分な空気が胃に溜まりすぎてしまうことがあります。
それがゲップの原因となり、体では胃の負担を軽くしようとして、空気が食道を逆流して口から排出されます。

 

 

ゲップが止まらないのはストレスと関係があります。
呑気症(どんきしょう)、または空気嚥下症という症状があり、人は不安や緊張が強くなると唾を飲み込んでしまいますが、その時に大量の空気も一緒に飲み込んでしまいます。
そうしたストレス状態が長く続くと、ゲップが止まらない、あるいは、出る頻度が高くなることがあります。

 

スポンサーリンク

【病気が疑われるケースがある】
ゲップが止まらない原因として、病気が疑われることもあります。
横隔膜にある食道の通る食道裂孔から、胸部へと胃の一部が飛び出てしまっている病気があり、これを食道裂孔ヘルニアといいます。
この病気になると、消化不良、胸の痛み、お腹の膨満感などの症状が出てきます。
これが止まらない原因となることがあり、さらには、胃酸が逆流し食道に炎症を起こす、逆流性食道炎を併発することがあります。

 

 

【今までと違う異常を感じてきたなら】
食道裂孔ヘルニアだけではなく、他にも、胃炎や胃潰瘍といった病気が疑われるケースもあります。
病気が原因の場合、空気だけではなく胃酸の逆流を伴うため、ゲップに異臭が混じってきます。
ゲップの出る頻度が高くなったり止まらないだけではなく、異臭が混じっているといった、今までと違う異常を感じてきたなら、一度病院で検査してもらうとよいでしょう。

 

 

【まとめ】
ストレスや病気が原因でゲップが止まらない、あるいは、出る頻度が高くなることがあります。
大抵の人は生理現象だとやり過ごしますが、違和感を覚えてきたなら、恥ずかしがらずに病院で検査してもらい、医師の診察を受けてみましょう。

スポンサーリンク