ゲップすると胃が痛い 原因 対処

ゲップすると胃が痛い原因と対処方法/胃腸に異常があることが多い

スポンサーリンク

ゲップは胃の中に溜まった空気やガスを口から出している現象です。
単なるゲップなら日常的に頻繁に起こるので全く問題はありませんが、ゲップすると胃が痛い場合は、胃が荒れていることが考えられるため、対処した方がいい場合があります。

 

 

【ゲップの仕組み】
飲食により取り込んだ空気や体内で発生したガスを口から排出しているのがゲップです。
空気の逆流によって排出されるゲップは基本的には臭くないといわれ、呑気症や空気嚥下症などで空気を多く飲みすぎ、胃腸へと行ってしまうことが原因で起こります。
また、ガスが逆流してでるゲップは反対に臭いといわれており、それは腸を通過しておならとしても排出されています。

 

 

【ゲップすると胃が痛い原因】
日常的に起こるゲップの中で、ゲップすると胃が痛いものやゲップがよく出る場合には胃腸に何らかの病気があり、それが原因となって発生している可能性があります。
胃壁が荒れ炎症を起こすと、その部分が何かに触れると痛いと感じるようになります。
胃にガスが溜まるとそれを押し出そうと胃の体積が縮み、胃酸が上昇することになります。

 

ゲップすると胃が痛いのは、胃の炎症部分が胃酸で刺激されることが原因となって起こります。
また他に、ゲップすると胃が痛い原因として、食事をしたものの中で魚の骨やおせんべいなどの固いものや尖ったものが胃壁を傷つける場合があります。
ゲップをすると傷ついた部分が動き刺激され痛く感じます。

 

スポンサーリンク

【胃炎となる原因】
胃炎の起因となるものには、アルコールや辛いもの、コーヒーやにんにくなどの刺激物や熱いものや冷たい食べ物の過剰な摂取や、薬の副作用による胃の粘膜の荒れ、暴飲暴食、不規則な生活、ストレス、タバコなどの刺激、カゼなどの感染症やピロリ菌などのウイルス、食物アレルギーなどさまざまな原因があります。
放置すると胃炎から慢性胃炎、胃潰瘍やポリープ、胃がんなどの病気に発展する可能性があるため、悪化する前に対処し進行させないことが大切です。

 

 

【ゲップすると胃が痛い時の対処方法】
胃壁が食事によって傷ついた場合の対処としては、刺激物を避け消化の良いものや胃に負担がかからない食事をし、胃を休めることで回復に向かわせる方法があります。
胃炎になった場合も食事の対処のみで回復する場合がありますが、原因となる刺激物を摂取するのを一時的に止めたり状況に応じて胃酸分泌抑制、胃粘膜保護、運動機能改善の飲み薬や漢方薬などを使用して対処します。
どのような治療薬で治すかは専門医に診てもらっての方がいいでしょう。

 

 

【まとめ】
ゲップすると胃が痛い場合は胃炎やその他の胃の病気になっている場合があるため、専門医の診察を受診し、それからその症状にあった食事療法や刺激物の一時中止、治療薬などの対処方法で治すようにしましょう。

スポンサーリンク