逆流性食道炎 梅干し 効果

逆流性食道炎と梅干しの効果

スポンサーリンク

梅干しは日本人にとって馴染み深い食べ物ですが、これを食べることによって逆流性食道炎にも良いという話があります。
これは果たして真実なのか、効果がある行為なのかということをここではお届けしていきます。

 

 

【民間療法という存在】
病と向き合うには今の時代、医薬品が当たり前に存在していますが、昔から民間療法と呼ばれるものも様々なものがあります。
その代表格が食べ物です。

 

 

何かしらの食べ物を摂取することによって効果を期待するものです。
実際、その食べ物をとることによって症状が改善したという人も多いことから、こうした民間療法の効果はおばあさんの知恵袋のような形でいつの時代も受け継がれるものとなっているのです。

 

 

【逆流性食道炎と梅干し】
そんな中で逆流性食道炎になった際に梅干しを食べると効果的という説があります。
これは逆の説もあり、つまりは梅干しは胃をかえって刺激してしまうために逆流性食道炎になった際にはよくない食べ物という説もあるのです。

 

 

しかし、梅干しを食べることによって良い効果が出たという意見もあり、この効果を肯定する人も世の中にはたくさんいます。

 

スポンサーリンク

【治療の効果はない】
実際、梅干しに逆流性食道炎を治療する力はありませんが、たとえば胸やけや吐き気といった逆流性食道炎の代表的な症状を少し緩和させてくれる働きがあるとも言われていますので、こうした症状によって日々の生活の中で不快感を抱いている人が一時的にスッキリした気分を味わいたいと思って梅干しを食べるというのはひとつの方法としては良いのではないでしょうか。

 

 

ただし、あくまでも個人それぞれの結果ですから、梅干しを食べることが絶対的に良いことかどうかはわからないものです。
そのため、気になるのであればまずは少量食べてみて様子を見てみましょう。

 

 

梅干しが逆流性食道炎の改善などにどの程度の影響があるのかは個人差があることです。
そのため、万能と思い込むのではなく、状況を見ながら適切に食べてみましょう。
また、症状がひどい場合には、医薬品の使用がベストです。

スポンサーリンク