逆流性食道炎 薬 いつまで

逆流性食道炎の薬はいつまで飲むべきか

スポンサーリンク

逆流性食道炎になった場合、薬はいつまで飲めばいいのか悩んでしまうこともあります。
ある程度症状がおさまればもう飲まなくてもいいのではないかと考える人も多いのですが、実際のところはどうなのか、その答えをお教えします。

 

 

【逆流性食道炎の治療】
逆流性食道炎に関しては日々のストレスやライフスタイルが大きく影響することもあります。
仕事が忙しい時期やお酒やタバコを多く摂取しているような場合には結果として逆流性食道炎になってしまうこともあるものです。

 

 

【薬をいつまで飲むべきか】
しかし、いずれの原因であっても実際にこうした症状が出ているならば、それは治していくしかありません。
放置しておいても状況を悪化させてしまうことも多いため、まずはしっかりとした治療を検討していきましょう。

 

 

そして、逆流性食道炎の薬を使用し始めた場合、それをいつまで飲み続けるべきなのかということもひとつの疑問として頭をよぎるはずです。

 

スポンサーリンク

【処方されたものなのか市販の薬なのか】
逆流性食道炎になるのが今回初めてという場合、症状が治まればやめてもいいのか、それともいつまで飲めばいいのかということで悩まれることとなるはずです。

 

 

まず、処方された医薬品を使用して逆流性食道炎を治す場合には、いつまでということではなく、医師の指示があるまで飲み続けるということとなります。
医師によって処方された場合、受け取った日数分を指定された回数分、しっかりと飲むようにしましょう。

 

 

また、市販のものを使用する場合にはあくまでも自分での判断となりますが、長期間服用しても効果が出てこない場合には、いつまでということではなく服用を打ち切って医師への相談をおこないましょう。
逆に逆流性食道炎の症状がおさまった場合には、その時点で打ち切って様子を見ることも考えてみましょう。

 

 

逆流性食道炎になったあと、市販薬や医師の処方薬をいつまで飲むべきかはそれぞれの症状に応じて変わってきますが、医師の処方薬に関しては指示のあった通りに飲み、市販薬に関しても長期服用しても改善が見られない場合には医師に相談しましょう。

スポンサーリンク