逆流性食道炎 食事 回数

逆流性食道炎の際の食事の回数とは

スポンサーリンク

逆流性食道炎は胃の酸が食道へと逆流して起こるものですから、そうなると食事に関してはどうすればいいのかと悩んでしまう方も多いものです。
回数を減らすなどの対策をとる方もいますが、ここでは正しい方法についてレクチャーしていきます。

 

 

【食事は少なめが大切】
逆流性食道炎に悩まされる場合、その後の食事に関しても配慮が必要です。
逆流性食道炎に関しては食べ物が通る経路にまつわる症状ですから、やはり食事をどうするかが重要です。

 

 

逆流性食道炎にかかった場合、胃に負担をかけないことを考えていきたいものですが、そのためには食事の量を少な目にすることも大切になってきます。
いつも満腹になるまで楽しんでいたような場合には、その手前で手を止めておくようにしましょう。

 

 

【満腹を避けるべき理由】
満腹までもっていってしまうと、それだけ胃の負担も大きくなりますし、消化させるまでの時間も長くかかるために、結果として1日中、胃が活動を続けないといけなくなり、休む暇がなくなってしまうのです。
そのため、逆流性食道炎になった際には満腹の手前で止めておきましょう。

 

スポンサーリンク

【間食を避けておく】
また、逆流性食道炎の際に食べる量を減らすことによってお腹が空いてしまうこともあるかもしれませんが、間食も避けておきたい要素です。

 

 

やはり食べ物が体の中に入ってしまうと、それだけ胃が働くことになりますので、結局は間食があると胃が休まる暇がないのです。
だからこそ間食は避けましょう。

 

 

【回数は1日3回を基本に】
また、食事の回数に関しては1日3回を基本に、それを無理にしてそれを無理に変える必要はありません。
胃の負担軽減を目指して回数事態を減らそうとする人もいますが、無理に回数を減らすとかえってお腹が空いてしまい、結果としてその後の食事においてたくさん食べてしまうことになるなど、かえって胃に負担をかける結果につながる可能性もありますので、回数は1日3回と決めて、これを崩す必要はないのです。

 

 

このように逆流性食道炎の症状を見ながら食事の回数を減らす、もしくは日常通りに戻すことが大切です。
もちろん、医師にかかっている場合には自己判断ではなく、ドクターの指示によってその回数を変えていくことを考えましょう。

スポンサーリンク