ピロリ菌 除菌 逆流性食道炎 悪化

逆流性食道炎の悪化とピロリ菌や除菌の関係性

スポンサーリンク

ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍などの原因ですが、これを除菌することによって今度は逆流性食道炎を起こし、そのまま放置すると悪化してしまうこともあります。
そのため、こうした事実を把握した上で適切な対処をとっていくようにしましょう。

 

 

【逆流性食道炎との意外な関係性】
日本では最近、あまり馴染みのない菌ですが、海外渡航などによってピロリ菌にかかってしまうことはあります。

 

 

このような場合には悪化させるのを防ぐ意味でも医療機関において早期に治療を受けることが大切となります。
しかし、じつを言えばピロリ菌の悪化を防ぐ意味での治療によって逆流性食道炎になってしまうこともあります。

 

 

【除菌が与える影響】
ピロリ菌は胃炎などの原因となりますが、この悪化を防ぐ意味で治療するということは除菌をおこなうということになります。
除菌した場合、逆流症状が起きやすくなることもありますので、結果として除菌が逆流性食道炎を起こしてしまうこともあるわけです。
そのため、症状としては悪化させる可能性もあるのです。
しかし、悪化するからと言って除菌を放置するのが良いという意味ではないのです。

 

スポンサーリンク

【一部のケースに当てはまる】
これはすべてのケースにおいて必ず起こるということではなく、あくまでも一部の方の話ですが、ピロリ菌の除菌によって逆流性食道炎になるケースは世の中に存在しているため、情報としては覚えておきたいものです。

 

 

しかしながら、これはそこまで重篤なものではなく、一時的な悪化であるという研究も存在しています。
そのため、あまり深刻には考えず、基本的にはピロリ菌の治療を優先して進めていくことが大切であるとも言われています。

 

 

逆流性食道炎を恐れるあまりに、ピロリ菌の治療を諦める、放置しておくということはおかしな状況ですから、このようなケースがあるということを念頭に置きつつも、除菌をおこない、身体を正常な状態へと戻していくように心がけておきましょう。

 

 

ピロリ菌も悩みの種ですが、これを除菌したことによって今度は逆流性食道炎という症状に悩まされることもあるのです。
もちろん、どちらも放置しておいて良いことではないので、いずれもきちんと解決しておきましょう。

スポンサーリンク