逆流性食道炎 重曹 効果

重曹と逆流性食道炎の関係性と効果

スポンサーリンク

逆流性食道炎への対処方法として重曹を使用した治療を考える人もいます。
こうした方法は果たして効果的なのかどうかわからないという方も多いはずですが、その答えをここではお届けしていきたいと思います。

 

 

【逆流性食道炎に重曹を使用】
胸やけや吐き気などの症状がみられる逆流性食道炎ですが、ストレスやタバコ、アルコールなどが原因となって起こることも多いため、これまではまったく無縁だった人にも、ある日突然、逆流性食道炎が襲ってくることもあります。

 

 

そのような際に重曹が効果があると考え、これを用いて治療をおこなおうとする人は今も昔もたくさんいます。

 

 

【なぜ人々は使用するのか】
重曹は掃除にも使われますが、同時に食品にも用いられることが多いなど、人体にも使えるものですし、この重曹は胃酸を中和する効果を持ち、逆流性食道炎になった人が使用すると一時的に症状が緩和されることがあるのです。

 

 

こうした効果もあって、昔から逆流性食道炎になった際には重曹の効果に期待して、なんとか解決しようとする人が多いのですが、じつを言えばこれは一時的な解決にしかなっていないのです。

 

スポンサーリンク

【解決にはならないという事実】
どういうことかと言えば、たしかに胃酸を中和してくれる効果があるために一時的には胸やけや吐き気などがおさまったように感じるのですが、胃に対して新たな負担をかけることにもなり、根本的に解決に向かうかと言えばそうではないのです。

 

 

そのため、逆流性食道炎による各種症状で悩んだ際に素人判断で重曹の効果を期待して使用するのは、基本的に今の時代は避けるべき行為と考えられています。

 

 

こうした素人判断で何かしらの行動をとってしまうことによって、逆流性食道炎による各種症状をかえって長引かせてしまうこともあるなど、結果として自分にとってよくない未来を迎えてしまう恐れもあるので気を付けましょう。

 

 

このような形で重曹と逆流性食道炎の関係性が存在していますので、各種症状によって悩まされている際には個人の判断で使用を検討するのではなく、きちんとドクターの指示に従って医薬品を使用していくことが大切です。

スポンサーリンク