逆流性食道炎 痛み止め

逆流性食道炎の痛み止めについて

スポンサーリンク

逆流性食道炎になった際、とにかくその痛みが我慢できずに痛み止めを飲む方も多いです。
たしかにあの感覚からはいち早く脱したいという気持ちはよく理解できますが、果たしてそれが最善の方法なのか、ここではその点にスポットを当てます。

 

 

【逆流性食道炎への処置】
逆流性食道炎への対処として医薬品を服用される方も多いかもしれません。
たしかに逆流性食道炎の中にはしばらく安静にして食べ物などにも気を使っていれば自然と治るケースもあるため、鎮痛剤などの医薬品によって痛みをしばらくごまかし、その間に治してしまうという方法もあります。

 

 

しかしながら、痛み止めを飲む際に覚えておきたいのは、その薬もまた胃などに影響を与える可能性があるということです。

 

 

【痛み止めが原因の場合】
そもそも論として、普段から頭痛や生理痛などに悩まされている人の中には市販の痛み止めを日常的に服用している人もいるわけですが、それが要因となって逆流性食道炎の症状を起こしてしまうケースもあるのです。

 

 

つまり、この市販薬自体が逆流性食道炎の原因となることもあるため、その治療に際して痛み止めを服用しないほうがいいケースもあります。

 

スポンサーリンク

【基本は医師の診察後に服用】
そのため、医薬品を使用した結果としてこのような症状に悩んでいるような方の場合には医師の診察を受けた上で適切な医薬品を使用していくことを考えましょう。

 

 

もちろん、それ以外のケースであれば市販の痛み止めなどを服用して、自分自身が抱える辛さを軽減することも正しい方法のひとつと言えますが、飲んだ医薬品もまた胃の中に入るために、その影響に関しても考えておくことが大切なのです。

 

 

逆流性食道炎をきちんと治していきたいということを考えるのであればこそ、痛み止めを飲む際にはまず考えておくことも大切になると言えます。

 

 

逆流性食道炎の治療は食道に生じてしまった炎症をおさめることにあります。
また、痛みが生じることもあるため痛み止めを服用する人もいます。
この判断は人それぞれですが、痛み止めを飲んで様子を見ることもひとつの選択肢として覚えておきましょう。

スポンサーリンク