逆流性食道炎 オリーブオイル 効果

逆流性食道炎とオリーブオイルの効果

スポンサーリンク

逆流性食道炎への数ある対処方法のひとつとしてオリーブオイルを使用する方も世の中には存在しています。
しかし、このような方法が果たして効果のあるものなのかどうか、ここではその真意をご紹介していきます。

 

 

【逆流性食道炎と油の関係性】
逆流性食道炎になったとき、揚げ物などの油を多く使用した食べ物は避けておきたいと言われています。
やはり、油の多い揚げ物は胃への負担が大きくなります。

 

 

油は胃の中で消化吸収されていくためにかかる時間がほかの飲食物よりも長くかかるため、つまりはそれだけ胃への負担をかけてしまうのです。

 

 

【基本は油ものを避けるべき】
そのため、逆流性食道炎と診断されたあとは、基本的には揚げ物などは避けておきましょう。
ただし、通常の生活をしていく中で油分が含まれた食べ物すべてを避けるというのも難しいものです。

 

 

一般的なメニューの中には油を使用して調理されているものもたくさんありますので、それらすべてを避けていれば何も食べられないという状況になってしまいます。

 

 

何も食べないとなるとそれは逆効果ですから、油をできるだけとらないようにする努力は必要なものの、それを皆無にするのは難しいため、油を使用する際にはオリーブオイルに目を向けておきましょう。

 

スポンサーリンク

【オリーブオイルの良さ】
そのほかの油と比べてオリーブオイルは消化に際して負担がかからないと言われていますので、油をとる際にはオリーブオイルを選んでおくのが効果的と言われているのです。

 

 

しかし、逆流性食道炎では油を避けたほうがいいのは同じですから、いくらオリーブオイルと言ってもその効果を過信したりせずに、できるだけ最小限の量でおさめておくようにしましょう。

 

 

逆流性食道炎になったあとは医師からもらった医薬品による治療の効果を期待するわけですが、その効果を意味のあるものにするためにも、このような配慮が必要なのです。

 

 

オリーブオイルが逆流性食道炎の症状に対して効果的なのかどうかは個人差があります。
しかし、この使用によって症状がラクになるという人は存在しますので、治療という意味ではなく症状を一時的に軽くしたいなどということであれば、使用も検討してみましょう。

スポンサーリンク