胸焼けに絶食や断食は効果があるのか

胸焼けに絶食や断食は効果があるのか

スポンサーリンク

 

胸焼けがしてしまうと痛みでとても辛いです。
これを解消するためにはいろいろな対処方法が存在しているのですが、その方法として絶食や断食というものがあります。
果たしてこれらの方法に効果があるのか紹介します。

 

 

【そもそも胸焼けとは】

 

胸焼けというのは胸の真ん中辺りに痛みを感じてしまう症状のことです。
まるで焼けつくような痛みを感じることから胸焼けといいます。
これは食道に起きている症状のことです。
胃酸がたくさん分泌されてしまったり、お腹を圧迫されてしまうと、それによって胃の内容物が食道へと逆流してしまうことがあります。
これによって胸焼けを引き起こしてしまうことがあるのです。

 

 

胸焼けが起きてしまう原因としては暴飲暴食があります。
アルコールやカフェインの取り過ぎによって起きてしまうこともあります。
応急処置として一般的には牛乳や水を飲むことで胃酸を洗い流すことが推奨されています。

 

スポンサーリンク

 

【断食や絶食の効果について】

 

断食や絶食というのは一時的にものを食べないということです。
これは胸焼けには効果的です。
胃腸を休めることができるため、これによって本来の胃腸の機能を取り戻すことができるのです。
暴飲暴食によって胃腸がおかしくなってしまい、それによって食道に胃酸が逆流してしまうのです。
断食や絶食をしている間に胃腸の調子が整うという効果を期待できます。

 

 

ただし、断食や絶食をする際には水分だけはきちんと摂取しましょう。
特に夏場に水分不足になってしまうと熱中症になってしまいます。
また、夏以外であっても、水分不足は危険です。

 

 

断食や絶食にいきなりチャレンジをするのではなくて、まずは1食を抜いてみるところから始めてみましょう。
そもそも、胃酸が逆流しているような状況では食欲が湧かないため、自然に絶食や断食状態になることは多いでしょう。
この効果は大きいのです。

 

 

胸焼けというのは胃の調子が悪くなり胃酸が逆流することで起きます。
したがって、絶食や断食をすることによって胃腸を休める効果によって、症状を軽くすることができるでしょう。
絶食や断食はとても効果的な方法となります。

 

スポンサーリンク