ゲップ 止まらない 苦しい 症状 原因

ゲップが止まらない苦しい症状の原因/一時的なものでは場合は要注意

スポンサーリンク

身体の不調に悩まされているという人がいますが、身体の不調にもさまざまな種類があります。
その中でゲップが止まらない苦しい症状に悩まされているという人がいます。

 

ゲップが止まらないというのは日常生活に支障を来してしまいます。
ゲップは食事の後や炭酸を飲んだときに出やすくなっています。

 

したがって止まらないということはなく一時的なものと考えられています。
このような症状は健康な人でも現れるようになっています。
一時的なものであればそれほど心配する必要はありません。

 

しかしげっぷが頻繁にでたり、ゲップが止まらない苦しい症状が現れているときには注意をしなければいけません。
ゲップが止まらない苦しい症状が現れているときには、何か大きな病気が関係している可能性があるからです。

 

したがって原因を特定するために医療機関を受診するようにします。
ゲップというのは、胃の中にたまった空気が上に上がって口から出るというのが原因となっています。

スポンサーリンク

その中で胃腸に不調があるときには、頻繁にでやすくなっています。
ゲップが止まらない苦しい症状があるときには、逆流性食道炎が原因となっている可能性があります。

 

逆流性食道炎で止まらない苦しい症状の場合は、胃酸が逆流することが原因となって、胸焼けなどの症状が現れるようになっています。
胃酸が逆流することで苦しい症状が現れるようになっていますが、ストレスが原因となっていることが多くなっています。

 

このほかには加齢が原因となっていたり、過食や肥満やアルコールや喫煙(タバコ)などが原因で苦しいと感じることもあります。

 

このほかにも考えられる病気があります。
それは胃潰瘍や十二指腸潰瘍などがあります。

 

このような場合はゲップだけではなく食欲不振や空腹時のお腹の痛み、みぞおちの痛みなどが現れるという特徴があります。
胃は不調が現れやすくなっていますが、慢性胃炎でも不快感や胸焼けや吐き気やゲップという苦しい症状が現れることがあります。

スポンサーリンク