ゲップ 耳が痛い 理由

ゲップで耳が痛い理由/ストレスや病気など

スポンサーリンク

ゲップをしたときに耳が痛い経験をした人は少なくありません。
痛みが軽くても耳が痛いのは気になります。
ゲップをすると耳が痛い理由として、一つ考えられるのが中耳炎です。
中耳炎が起こるのは、多くが風邪で中耳に膿がたまる場合で、細菌が耳管を通って中耳に入り込むのが理由です。
ゲップをしたときに、神経が刺激されることが理由で耳が痛い状態になります。
多くは子供が発症しますが、大人に起こる場合も少なくありません。
耳鼻科で診察を受けて中耳炎を治すことが最善の治療法です。
主に投薬による治療で症状の改善を試みます。
ただし、中耳炎は治療に時間がかかり、約一ヶ月かけて完治するものなので、その間継続的に通院することが求められます。
点鼻薬で鼻づまりを抑えることや耳を触らないことなど、症状を酷くさせないために自分でもできることがあります。
ゲップで耳が痛いという理由で病院へ行くのはあまり気が進まない人もいますが、耳が痛い場合には早急に耳鼻科を受診した方が良いです。

スポンサーリンク

また、ゲップをすると耳の奥でゴソッという音がして耳が痛いという人がいます。
多くの場合は血行不良や三半規管が弱り過ぎていることが理由で起こります。
血行不良になるのは脂肪や糖分の過剰摂取や、身体が冷えていることが多いことや、ストレスが溜まっていることが理由で、このとき三半規管に水が溜まっています。
ゲップによって痛みの症状が現れるのはストレスが理由であることが最も多いです。
また、ゲップをした際のゴソッという音が気になっても、耳を触りすぎないように気を付けなければなりません。
綿棒や耳かきや小指で触りすぎることで炎症が起こったり、耳が湿って痛みが激しくなったりするので止めておかなければいけません。
このゲップの治療方法して効果が期待されているものに水素水があります。
ストレスを解消することが最も大切なことですが、勤務状況や人間関係等によっては無理な場合があります。
そのような場合は水素水を飲むことで免疫力が上がるので治療に繋がります。
すぐに効果が現れるわけではありませんし個人差がありますが、2週間くらい継続して飲むことでゴソッと音がするゲップで耳が痛いのは改善されていきます。

スポンサーリンク