ゲップ 出ない 胸が苦しい 症状 原因

ゲップが出ない、胸が苦しいという症状が出る原因/考えられる危険性

スポンサーリンク

ゲップと言えば、食事をしたり炭酸飲料を飲んだりすれば自然と口から出てくるため、そんなに意識したことはない、という人が珍しくありません。
これは身体の調子が普通であれば、当然だと言えます。

 

しかし、ゲップが出ない上に胸が苦しいという症状が出た場合は、要注意となります。
何故なら病気が原因である可能性が高いからです。

 

では、ゲップが出ない上に胸が苦しいと感じる病気とは一体何かと言いますと、胃潰瘍があります。
胃潰瘍になる原因としては、生活習慣の乱れがあります。

 

これは消化に悪い脂気の強いものばかり食べている、いつも夜遅くまで大量のお酒を飲む、という人がそれに該当します。
この病気は放置していると、ゲップが出ない、胸が苦しいという症状が悪化するばかりではなく、胃がんに発展することがあります。

 

そのため、慢性的にゲップが出ない上に胸が苦しいという症状に苦しまされている場合は、何をおいてでも専門医の診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

ゲップが出ない上に胸が苦しいという症状をもたらすものとしては、胃炎もあります。
胃炎も生活習慣がその原因であることが多いのですが、薬の副作用やストレスが引き金となっているパターンががあるため、身に覚えのある人はそちらにも目を向けるようにしましょう。

 

病気の症状としてではなく、体質として、ゲップが出ない、胸が苦しいという症状に苦しむこともあります。
これは胃下垂です。

 

胃下垂は胃が本来あるべき場所よりも下になっている状態を指します。
胃を支える筋肉が弱いなどが原因だとされています。

 

胃下垂を原因とした不調は、病気ではないので大騒ぎする必要はありません。
むしろ気にしすぎると、それがストレスの原因となり、他の病気を発生させることがあるので、泰然自若とするようにしましょう。

 

このように、ゲップが出ない上に胸が苦しいという症状をもたらすものは、生活態度や体質など、身近にその原因があります。
そこを踏まえた上で接するようにしましょう。

スポンサーリンク