げっぷ 女性 生理前 原因

生理前の女性にげっぷが増える原因/ホルモンが影響している?

スポンサーリンク

生理前になるとやたらげっぷが出るようになるのは、女性ホルモンのバランスが崩れているのが原因です。
生理前症候群といってげっぷの他に頭痛や吐き気がしたり、普段よりもイライラしやすくなる女性もいます。

 

女性ホルモンの1つである卵胞ホルモンの分泌量が減り、かわりに黄体ホルモンの分泌量が増えます。
卵胞ホルモンは子宮内膜を厚くして妊娠に備えて体を変化させる働きをします。

 

この女性ホルモンの交代がスムーズに行われないと、自律神経に影響を与えてバランスを崩します。
自律神経は呼吸や血流、消化など、普段意識していない体の働きを司る神経です。

 

自律神経の働きが悪くなることが原因で胃腸の働きも悪くなります。
すると食べた物が消化されずに胃の中に長くとどまるようになり、胃の中で発酵してガスを発生させます。
このガスが口から出てきたものがげっぷです。

 

また自律神経のうちの交感神経が優位になると緊張状態が続くため、つばと一緒に空気を沢山飲み込むようになります。
これも生理前にげっぷが増える原因になります。

スポンサーリンク

生理前にげっぷが出るのを改善したいのなら、食生活に気を配ることが大切です。

 

脂や糖分の多いものは消化が悪いので胃腸に負担をかけます。

 

また香辛料を沢山使っているものも胃腸が弱っている時にはげっぷの原因となります。

 

お酒は少量なら気持ちをリラックスさせる効果がありますが、飲みすぎると胃腸に負担を与える原因となります。
特に冷たいお酒は胃に良くないので、飲むのなら常温か温かいものが良いでしょう。

 

生理前のげっぷを根本的に改善する為には、原因である女性ホルモンのバランスを整えることが大切です。
普段からバランスの良い食事を摂るようにするほか、軽い運動をするようにすると気持ちがリラックスして女性ホルモンのバランスが整います。

 

また体を冷やすと女性ホルモンだけではなく自律神経の働きも悪くなるので、生理前はお腹や腰を温めるようにしましょう。
真面目な性格の人はストレスをためやすいので、それが原因でホルモンバランスを崩しがちになります。

 

リラックスする時間をなるべく取るようにするのも効果があります。

スポンサーリンク