げっぷ 食後以外 原因

食後以外にげっぷが出る原因とは!?

スポンサーリンク

げっぷが食後以外に出る原因について考えてみましょう。
基本的に多くの方は食後にげっぷが出る事が多いと考えられます。

 

食後以外にげっぷが出る原因を考える上でまずはげっぷのメカニズムを知るとわかりやすいかと思います。
胃は食べ物の消化を促すために常に一定の空気を溜め込んでいます。
胃の中に食べ物や飲み物などを入れますと胃の中の空気が食べたり飲んだりした量に合わせて体外に放出されます。

 

これがげっぷのメカニズムです。

 

食後以外にげっぷが出る症状に考えられる原因は、胃酸過多症や逆流性食道炎の可能性が考えられます。
胃酸過多症とは文字通り胃酸が多く出る状態をいいます。

 

食事を摂らなくても胃酸が出るので胃痛や胸やけといった症状がげっぷと同時に出る場合が多いです。
胃酸過多症の原因はストレスなどの精神的なものや、暴飲暴食、刺激物の食べ過ぎなどが挙げられます。

 

次に逆流性食道炎の症状について見ていきましょう。
逆流性食道炎は胃酸過多症と同様に胃酸が多く分泌される事で胃酸が食道から口の方向へむかって逆流してくる症状です。

スポンサーリンク

逆流性食道炎は胃酸や胃の内容物が空気と一緒に逆流してくる過程で胸やけや胃痛といった症状もでます。
症状には個人差はありますが夜間の眠っている時間帯に起きやすいのも特徴の一つです。

 

原因はストレスなどの精神的なものや、加齢、肥満などが原因となる事もあり、誰しもに起こる可能性のある症状です。
ここまでで食後以外にげっぷが出る原因に共通している事は胃酸が多く出ているという点と、胃が精神的な問題や年齢的な事で不調を訴えているという事です。
つまり胃酸を抑える事が解決に繋がります。

 

例外的に、精神的な問題で自立神経が乱れた状態にあると食後以外にもげっぷが出る事があります。
自立神経が乱れますと過呼吸の様な症状が出る事があります。
息を吸い過ぎると当然胃に空気が収まりきらずに食後以外でも空気が体外に放出されます。

 

食後以外に限らず、食事中でも睡眠中でも胃の不快感や吐き気を長く感じる場合は病院に行きましょう。
胃酸過多症や逆流性食道炎は例外を除いては基本的に内科等で症状を抑えるお薬を処方してもらえます。

 

現代の医学では完治は難しいのですが胃酸を抑える薬さえ飲んでいれば問題無く生活できます。
自律神経など精神的な問題がある場合は心療内科に行くという選択肢も必要になる場合があります。

 

自身に合わせた治療方法で解決する事ができますので困った時は自分で判断せずに専門家に相談しましょう。

スポンサーリンク