げっぷ 病院 何科 受診

げっぷの症状では病院は何科を受診すれば良いの?/内科?消化器科?

スポンサーリンク

げっぷは胃の中にあるガスや空気が戻ってくる事で出る症状なのですが、げっぷが主な症状としてあげられる疾患にはとても多くの病気が潜んでいる事が考えられます。

 

最も怖いと言えるのは、胃がんですし、逆にさほど心配はないものの何とかしたいと考えたいのでは、過敏性腸症候群や呑気症といった疾患です。
どちらにしても、長引くげっぷの症状は良い事ではないので、病院で診察をしてもらうのが最も効果的な改善方法になります。

 

診療科は何科が良いのかと言えば、基本的には日頃通院をしているのであれば、内科系の病院であれば間違いはありませんが、できれば確定診断のためにも胃の内視鏡検査のできる医療機関が好ましいといえます。

 

特にかかりつけのない人であれば、何科と聞かれれば、成人であれば消化器内科が最も適切ですし、小児であれば小児科が適しているといえます。

 

これは成人の場合には胃がんや胃潰瘍などの疾患があるケースも考えられますので、これらの確定診断を行うためにも内視鏡検査のできる医療機関で専門である消化器内科が良い事になります。

 

一方で小児の場合は稀に胃の疾患の事もありますが、呑気症や過敏性腸症候群の可能性も高いのでかかりつけの小児科が適切だといえます。

スポンサーリンク

げっぷが症状の場合には病院は何科の医療機関でも基本的には、同じような診断をする事が予想されますが、多くの場合には他の症状と一緒に現れる事があるのが特徴です。

 

何科の病院で診察を受ければ良いかは、他の症状にもよりますが、基本的には他の症状と組み合わせても多くは消化器官の疾患や精神的な事が原因だと考えられる事から、消化器内科が専門になります。

 

しかしながら成人の場合には内視鏡検査が必要なケースが考えられるので、何科の病院という観点よりも内視鏡検査のできる病院で、何科というのは次の問題になるといえます。

 

また、小児の場合には何科というよりも、基本的に小児科が理想的だという理由にはかかりつけという事もひとつの理由になります。

 

日頃から慣れている病院であれば、子供に無駄な緊張感を与えずに済むのでこれだけでも呑気症などの場合にはげっぷが出なくなる傾向に向かいます。

 

成人でも小児でも同様になりますが、げっぷの理由が口呼吸による場合も考えられます。
この場合にはげっぷを抑えるよりも呼吸方法を鼻呼吸にするか、鼻に何か疾患があるのであれば、耳鼻咽喉科で治療をする事で改善される事もあります。

 

従って胃腸に何も問題がなければ、耳鼻咽喉科の守備範囲の可能性のあるといえます。

スポンサーリンク