タバコを吸うとゲップ 症状 原因

タバコを吸うとゲップの症状が出る原因は!?

スポンサーリンク

炭酸飲料を飲んだり食べ過ぎた際などによく出るゲップですが、これは胃の中がいっぱいになることで胃が空気を口から吐き出すために発生します。

 

もっともこういった場合以外にもゲップの症状が出ることもあり、その中にはタバコを吸うとゲップが出ることもあります。
これは単純な原因としてはタバコを吸う際に空気も一緒に吸ってしまうため、それによってゲップが出てしまうこともあります。

 

ただしそういった症状が頻繁だったり、ゲップとともに吐き気や嘔吐といった別の症状が出る場合は、たんに空気とともにタバコを吸うとゲップが出るだけというわけではありません。
他の病気のサインだったり、身体が悲鳴をあげている状態である可能性も高いです。

 

そもそもタバコは身体の健康にとって悪影響を及ぼすことは有名であり、とくに肺に対しては呼吸をする器官であるために警戒されていますが、タバコは肺以外にも胃や食道、喉などさまざまな器官に影響を及ぼすこともあります。

 

タバコを吸うとゲップが出るだけだといって、そのまま放置してしまうと後々リスクを背負う可能性もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

吐き気などともにタバコを吸うとゲップの症状が出る場合、タバコに含まれるニコチンやタールが胃に影響を与えており、胃もたれや胸やけなどの症状も出て、すでに喫煙することに対して身体が耐えることが無理だと示している可能性があります。

 

また胃の働きに係わる副交感神経にも影響が出ることから、タバコを吸うとゲップが出るだけでなく同時に食欲不振などの症状も見られることもあります。
そうなると逆流性食道炎を発症する原因にもなりますし、それがさらに悪化すれば最悪の場合はがんが発症する原因にもなります。

 

このようにタバコを吸うとゲップが出るということは、すでに身体がタバコが原因で拒否反応を示している証拠でもあり、吸い続ければどんどん症状も悪化する原因となるので、基本的には禁煙をした方が良いでしょう。

 

しかしそれが難しいならば、まずは原因であるタバコの本数や吸う回数を出来るだけ減らし、とくに煙はむせる原因にもなるので吸わないように注意しつつ、胃薬などを服用することでタバコを吸うとゲップが出る症状を抑えるようにしましょう。

スポンサーリンク