胃が痛い ゲップ 出る理由

胃が痛い症状とゲップが出る理由/考えられる原因は病気?

スポンサーリンク

胃が痛いという状態にある時にゲップがでる事があります。
ゲップが出る理由と胃痛の関連性について対処法を踏まえながら考えていきましょう。

 

まずゲップが出るメカニズムについてですが、胃は消化を促すために常に一定の空気を胃に溜め込んでいます。
胃の中に食べ物や飲み物などが入る事で胃の中にある空気の体積が変化し、溢れた空気は体外に放出されます。

 

これがゲップが出る理由です。
この様に何かを食べたり飲んだりする事でのゲップが出る理由であれば特に問題はありません。

 

しかし胃が痛いという症状が起きる例もあります。
胃が痛い時に胃に起きている原因は胃酸過多症が考えられます。

 

胃酸過多症とは文字通り胃酸が普段より多く出てしまう症状です。
通常は胃の中に食べ物がある上での消化のための胃酸が出ています。

 

しかし、胃酸過多症の時は胃の中に食べ物が無くても胃酸がでてしまいこれが理由となって胃が痛いという症状が起きてしまうのです。
胃酸過多症の時はゲップが出る理由も通常時と異なる場合もあります。

 

胃酸過多症の原因や対策について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

胃酸過多症の原因で主に考えられる原因はストレスや不規則な生活習慣、暴飲暴食、刺激物の食べ過ぎ、深夜の食事、風邪などが影響してといった原因が考えられます。

 

胃は神経が直結しておりますのでストレスなど精神的な症状がでやすいです。
多くの方に経験があると思いますが緊張すると吐き気がしたりします。

 

吐き気がする様な精精神状態の時に多いのが空気を普段より多く吸い込んでいるという事です。
そのため消化が目的とは違い、余分な空気が体外へ出る理由のゲップなどが起きます。

 

胃が痛い時にゲップが出る理由をまとめると胃酸の出すぎや、空気の吸い込み過ぎという事です。
症状の軽いものですと短期間ですぐに治まりますが、いつまでも胃が痛いという時は病院に行きましょう。

 

胃酸過多症の例を挙げましたが、胃が痛いという症状やゲップが出る理由には当然人によって差があると考えられます。
同じ胃酸過多症の場合でも酷いストレスなどが原因であれば内科では無く心療内科で治療という場合もあります。

 

体の不調が長く続く場合は速やかに専門機関に行きましょう。

スポンサーリンク