胃痛 げっぷ 動悸 症状 原因

胃痛やげっぷ、動悸などの症状の原因について

スポンサーリンク

胃痛を伴うげっぷや動悸についてどの様に対処すべきか症状の原因を踏まえながら考えていきましょう。

 

胃痛にも様々なものがあるのですが、動悸が起きてゲップが気になる様な症状の場合、考えられる可能性は自律神経失調症などの様な精神的な病が影響を及ぼしている胃酸過多症や逆流性食道炎などが考えられます。

 

げっぷは通常、胃の中に食べ物がある時などの消化中に出る事が多いです。
胃は消化を促すために常に胃の中に空気を溜め込んでいるのですが、食べ物や飲み物を胃の中に入れると空気の体積に変化が生じ体外に空気が放出されます。

 

これがげっぷのメカニズムです。

 

しかし、何も食べていないのにげっぷが出る場合は胃の中が空っぽの状態でも胃酸が出ている事が原因であると考えられます。

 

つまり胃酸過多症です。
胃の中が空っぽなのに胃酸がでているものですから胃痛という症状が起きるのです。
多くの方に経験があるかもしれませんが、緊張すると吐き気がしたり胃が痛くなったりするというものがあります。

 

胃は神経が直結しているため精神状態が反映されやすい器官と言われています。
緊張やストレスで胃酸が過多になったり、胃の働きが過剰になってしまう事もあるのです。

 

胃痛だけでしたら暴飲暴食や刺激物の食べ過ぎなど様々な可能性があるのですが、動悸という症状が起きている場合は精神的なものが原因で不調を起こしている可能性が高いです。

スポンサーリンク

胃痛と動悸と聞くと関連性が無い様に感じますが、交感神経や副交感神経の調子を崩すと胃痛や動悸、吐き気、過呼吸などの症状が起きる場合は少なくありません。

 

げっぷがたくさん出る原因に考えられる可能性の一つに息を吸い過ぎているというものが考えられます。
つまり過呼吸にちかい症状がでているという事です。
胃酸過多などでげっぷが出る例を挙げましたが、単純に空気を吸い込み過ぎてもげっぷは出ます。

 

動悸という症状は過呼吸が原因でおきやすいです。
胃痛や動悸といったものが長く続く場合は心療内科などの病院に行く事も考えてみましょう。

 

この様な症状の原因には過度のストレスや緊張感の多い生活、不規則な生活習慣など精神的なものや自律神経が乱れる様な原因が考えられます。

 

一時的なものであれば誰にでもありますし、あまり気にする事は無いのですが、長引くとよくはありませんので自分でどうにかしようとせずに専門家に相談してみましょう。
最近では普通の内科でも理解のある病院は多いので、どうすべきか的確に指示してもらえると思います。

 

また内科で治らなかったり、異常が無いと判断される事があれば心療内科などに相談だけでもいいので行ってみましょう。
症状を緩和させる方法はありますので困った時は病院に行く事を心がけましょう。

スポンサーリンク