胃痛 げっぷ 背中の痛み 原因

胃痛やげっぷがあり「背中の痛み」もある場合の原因とは!?

スポンサーリンク

胃痛やげっぷというのは、胃の疾患や逆流性食道炎など様々な病気が原因の場合がありますが、背中の痛みというものが加わると
胃がんの危険性も否定ができなくなってきます。

 

特に若い世代の人には注意が必要です。
胃痛やげっぷというのは、胃がんだけでなく、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの疾患の事もあります。

 

しかしながら背中の痛みが症状にある場合には、場所にもよりますが、胃がんの危険性はもちろんですが、腎臓や心臓の疾患が原因の事も考えられます。
胃痛やげっぷが症状としてある場合には、まずはとにかく胃がんの否定をする事から考えて内視鏡検査による診断がはじめに行う事になります。
必要であれば、細胞検査も行い、確定診断ができます。

 

必要であれば細胞検査も行いますので、結果がでるまでは1週間くらいはかかる事になります。
胃痛やげっぷの他に背中の痛みがくわわると、内臓の疾患を疑う事になりますが、その最初に疑われるのが胃がんになります。

 

しかし胃の内視鏡検査を行い病理検査を済ませているのであれば、胃がんの疑いはなくなります。

スポンサーリンク

胃痛やげっぷが症状の場合には原因の多くは胃潰瘍などの疾患が考えられますが、胃がんの否定もできません。

 

胃がんと胃潰瘍の症状は似ていますが、食前や食後に現れる痛みは胃潰瘍や十二指腸潰瘍の事が多く、胃がんが原因の胃痛はいつ現れるかは決まっていません。

 

また、背中の痛みに関しても胃痛やげっぷがあれば、胃がんが原因という考え方もしますが、他の内臓器官の疾患が原因の時にも胃痛や背中の痛みは考えられる事から自己診断はとても危険だという事になります。

 

胃痛をはじめげっぷや背中の痛みという症状は多くの疾患の原因につながりますし、他の症状もあるのであれば、また違った疾患の原因である事も考えられます。

 

背中の痛みだからといって、整形外科や整骨院などで治療や施術を受ける事もあるでしょうが、ひとつひとつの症状からではわからない病気も複数の症状が重なる事ではっきりしてくる場合も多いです。
医療機関を受診した時には関係があるかないかは医師が判断することなので、気になる事はきちんと伝えておくことが必要になります。

スポンサーリンク