臨月 胸焼け ゲップ 症状

臨月に胸焼けやゲップが起こる理由/後期悪阻(おそ)の症状

スポンサーリンク

臨月の妊婦さんには、後期悪阻(おそ)とよばれる症状が稀に見られます。
後期悪阻の症状は胸焼けやゲップなどが挙げられます。

 

臨月になると胎児は、いつ生まれても大丈夫なほど大きくなってきます。
大きくなった胎児は下から母親の胃を押し上げ、圧迫し始めます。
これが、後期悪阻の大きな要因です。

 

胸焼けやゲップと聞くと大した症状に感じないかもしれませんが、胸焼けやゲップも酷くなると、逆流性食道炎を起こす可能性があります。
ゲップが出る際、胃酸が一緒に逆流し、食道で炎症を起こしてしまうのです。

 

臨月の妊婦さんは、身体も重くなりただでさえ制限されることが多い中、こうした症状が出てしまうと、辛い記憶だけが残ってしまいがちです。
しかし、臨月であれば残り1ヶ月の症状です。

 

その先には我が子との対面が待っています。
残りわずかとなった妊婦ライフを楽しむため、少しでも胸焼けやゲップといった辛い症状を緩和できるよう、以下のことに気を付けてみてください。

スポンサーリンク

まず、胸焼けやゲップといった症状は、胎児に胃が圧迫されて起こります。
ですから、1度の食事でたくさん食べないで下さい。

 

一度に食べられる量は格段に減っています。
もちろん、臨月の妊婦さんですから、栄養も摂らなければなりませんので、食事は小分けにして摂るようにしましょう。

 

また、出来るだけ脂っぽいものは避け、胸焼けの症状も緩和しましょう。
しかしながら、どんなに気を付けた食生活を送っていても、臨月になると水を飲んでもゲップが出てしまう程、母親の胃は退治によって圧迫されています。

 

運動したいと考える妊婦さんも多いですが、体調がつらい時には無理をせず、横になり安静を摂りましょう。
臨月に入ると出産準備のため、運動を心がける妊婦さんも増えますが、体内の酸素が増えるとゲップの原因になります。

 

そしてゲップがたくさん出ると、逆流性食道炎や胸焼けを起こす原因となってしまいます。
後期悪阻も辛いですが、妊娠初期の悪阻と違い、終わりが見えていることです。

 

食生活に気を付け、万全の状態で出産に臨んでください。

スポンサーリンク