げっぷ 女性 生理前 原因

女性は生理前にげっぷが多くなる?考えられる原因2つ

スポンサーリンク

げっぷは空気を飲み込むことによって起こる生理現象です。
また、腸内のガスがたまることによっても起こります。
これはおならと同様に生理現象となりますので通常は問題ありません。
しかし、生理前にはげっぷが多くなることがあります。
詳しくお話していきましょう。

 

 

【生理前に多くなる原因】
生理前にはげっぷや吐き気が止まらなくなることがあります。
これはPMS(月経前症候群)である可能性があります。
PMSの症状はこれらのことが挙げられます。

 

・吐き気、げっぷ
・頭痛
・腹痛、下痢
・めまい、ふらつき
・イライラするなどの不安定

 

これらのことが挙げられますがPMSの症状は人によってもさまざまなで書ききれないほどの症状が挙げられます。
それではもう少し詳しく説明していきましょう。

 

「プロゲステロン」
生理前は女性ホルモンのひとつ黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増加します。
もう一方でエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンが減少します。

スポンサーリンク

これらのホルモンが減少することによって吐き気やげっぷの症状が引き起こされます。
要するにホルモンバランスの乱れからくる症状だと考えることが出来ます。
これは自立神経が乱れてしまいます。
自律神経は胃腸にも関係していますので胃もたれ、吐き気、げっぷなどの症状が起こることがあります。

 

「プロスタグランジン」
プロスタグランジンという物質は子宮の収縮を促すことによって経血を外へと排出させるための物質です。
しかし、子宮だけでなく血管も収縮させてしまいます。
そのため、血行不良を引き起こします。
プロスタグランジンが多く分泌されてしまうと身体には影響が出てしまいます。
冷え、腰痛、倦怠感、胃腸の不調などの症状が現れます。
胃腸にも不調が起こりますので下痢、吐き気、げっぷなどの原因となることがあります。

 

【まとめ】
女性が生理前にげっぷが多くなるというのは女性ホルモンが関係していると考えられます。
女性ホルモンが増加したり、減少することによって身体の不調が起こる場合があります。
人によっても個人差はありますが、生活習慣や食生活が乱れている人に多くなる傾向があります。

スポンサーリンク